舞良雅子さんの絹の箱

舞良雅子さんの絹の箱

IMG_6276 (430x650)

 

ストールの印象が強い舞良さんですが、絹の箱も、知る人ぞ知る代表作です。
たしか、初めはインスタレーションとしての発表だったと記憶しています。
箱をあけて中にピンを刺して、ギャラリーの壁に留めてありました。
それがとっても雰囲気のある美しさで、我が家でもさっそく取り入れたものでした。

 

IMG_6330 (450x300)

 

今回の最大サイズはハガキ大。
ああ、とっても素敵です。。
たたずまい、存在感。
舞良さんのお仕事の真骨頂です。

さあ、どんなふうに使いましょうか。
絹の箱、ぜひ暮らしの中で。

 

IMG_6291 (450x300)

 

こちらは、うんと小さな箱。
被せ蓋ではなく、一体型。
思い出の深い指輪入れになど、いかがでしょうか。

 

IMG_6262 (450x295)

 

こちらは、kino workshopさんのマラカスと一緒に展示をしてみました。
スケールが近くって、いい感じです。
チョコレートみたい!と伝えてくださったお客様もいらして。。

 

IMG_6290 (450x300)

 

こちらは名刺やショップカードを入れるのにお薦めのタイプ。
蓋なしです。
クラフトフェアなどで愛用されている作家さん、いらっしゃるかもしれませんね。

 

IMG_6322 (450x297)

 
夏のストールも届いています。

こちらは大判のもの。

 

IMG_6320 (450x326)

 

効かせのカラーが、今回は特にヴィヴィッドです。
野趣のある洗練。

 


IMG_6319 (450x296)

 

風合いの豊かさも舞良さんの布の魅力です。
夏にうれしい乾いた風合いに、どきっとする隠し味。
大人の遊び心の布ですね。