週末のヒナタノオト

週末のヒナタノオト

追記:
カフェメニューと、スタッフシフトに一部訂正があります。
申し訳ございません。

只今「ヒナタノオト工芸帖vol.1」を開催中。

イナガキ、今週は水曜日に3時間しかヒナタに居れなかったのですが、
その3時間に偶然遠路はるばるの方が続々と。。。
九州、関西、そして富士山の麓から
濃密な!時間が灯りました。

IMG_5970 (433x650) (413x620)

そう、富士山の麓からは、鈴木有紀子さん。
「ろうそくのろうそく」という名作!を作られた方です。
後日、鈴木さんがこのような記事を・・・

今回の工芸帖では、白いろうそくをお願いしました。
身内を亡くしたあと、鈴木さんの白いろうそくを灯していました。
特にこの「ろうそくのろうそく」。
周りのろうそくの文様が、中の炎に揺らいで、まわり灯篭のように美しく。
今後、弔意を贈る品として、鈴木さんの白いろうそくは、
ずっと定番でお薦めしたいと思ったのです。

でも、鈴木さんの本来の思いは、きっと日々の喜びの中でのろうそくですね。
ほっと寛ぎのひととき、大切な人とこっくりと語り合うとき、
北欧スタイルでしたら、毎日の中で。
ろうそくのある暮らし、お薦めです。
そう、鈴木さんのろうそくには上質の(ここ、大事!)エッセンシャルオイル
が入っています。
販売時にはあまり香りませんが、灯すとほのかに心地よい香りに包まれます。
(質の良くないオイルの濃い香りが苦手な方にも、
きっとご満足いただけると思います)

只今、白の各種をはじめ、カラーのものも鈴木さんのろうそく充実の展開です。
ぜひ、ろうそくのある暮らしで、和んでくださいね。

(夕餉のあと、お好きなお茶やお酒のひとときに、
ちょっと灯すだけでも、一日の疲れがほぐれますよ。
そのような使い方でしたら、かなり長期間使えますので、
太いろうそくを特にお薦めします)

:::

以下はスタッフが撮りました画像から

_MG_7381

a.A.は、長南芳子さんの新しいライン。
今までのお仕事を、YOSHIKO CHONAN と、このa.A.に分けて発表されています。

ひとつの言葉は、ペンダント。
ふたつの言葉は、ピアス。

いつもはポルトガル語の中から心に響く言葉を刻印している長南さんですが、
ヒナタノオトでは、言葉を託してデンマーク語でお願いしています。

_MG_7375

夢・種・手・緑・光・会う・祈り・月・湖・扉・・・
先日、お客様からご結婚のお祝いに何かよい言葉を、、
というリクエストをいただいたので、LYKKE(happiness)も。
なるべくデンマーク語の特殊文字、Å・Ø・Æ の入った単語を選びました。
どんな言葉が心の鍵になるでしょうか?
楽しく探していただけましたら!

IMG_6299 (450x299)

どこか遠くにある町
も、やってきました!
ひとり、出張滞在!くれている人もいますよー。ふふ。。

今日あたり、長南さんもふらりと寄ってくださるもよう。
作品については、また詳しくご紹介させてくださいね。

:::

BL5I8Z5CIAAMa8e

名古路英介さんの錆銀彩オーバル皿。
品格のある器なのですが、日々の中でも使い映えのする器です。
錆銀彩の黒い漆の色調と、オーバルという形がいいんですねー。
こちらは、本間がささっと盛り付けた画像です。

:::

BMCPjoLCYAAxKUJ

土日は「窓辺カフェ」
スィーツは、土曜日が季節の恵み、ルバーブタルト、
日曜日は、抹茶と小豆のパウンドケーキを予定しています。
日曜日のみ、16時半でオーダーストップとさせていただきます。

土曜日は本間と金安、日曜日は本間と手塚でお待ちしています。
土曜日は、靴制作の稲垣哲も在店します。

(イナガキとウサミは「galleryらふと」です。
こちらは今年の工房からの風の出展作家からの5人展。
初夏の緑とともに、お待ちしています!
あ、土曜日は、もりのにわのパンと手塚も「らふと」に来まーす)