OLD TO NEW(金属装身具)

OLD TO NEW(金属装身具)

otn140215b

Q
京都の彫金工房で仕事を深めてこられたOLD TO NEWの吉田史さん。
百花展にはどのような作品を出品されますか?

A
金と銀、またそれに宝石や象牙を合わせて、
普遍的な自然をモチーフにその可憐な姿や佇まいを装身具にしています。

otn140215c

Q
会場では、どのようなところを見ていただきたいですか?

A
透かしたり彫ったり打ち出したりと、
技法により様々に姿を変える金属の豊かな表情と、
手彫りのためひとつづつ違いそれぞれの表情を持つ
象牙細工をご覧いただきたいと思います。

otn140215e

会場でご本人とお会いいただければ、
その愛らしい表情に洋風な印象を持たれる方が多いかもしれません。
けれど作風はベースに和の格調があって、
それを基に伸びやかな今の空気感が華やいでいるように感じています。

otn140215a

Q
史さんのお好きな花4つを教えてくださいますか?

A
日本スズラン、木犀、白詰草、蝋梅です。

oldtonew
絵:大野八生

史さんのお好きな花がリングに描かれていますねー。
OLD TO NEWさんの作品としても今回誕生(開花!)
したものもあって、会場で出会うのがとても楽しみです。

otn140215d

OLD TO NEWさんの出展は後期25日から。
ホームページはこちらになります →