tubuさん(ガラス装身具)

tubuさん(ガラス装身具)

日本橋三越展前期出展作家からご紹介していきますね。

まずはtubuの山口美妃さん。
京都の荒川尚也さんの工房でお仕事をされたのちに独立されて、
現在は大阪でガラスでパーツを一点ずつ制作し、
それを金属で束ねて装身具を制作されてます。


tubuさんは、百花展にどのような作品を出品しますか?

A
ガラスをバーナーワークという技法で溶かし、
真鍮や銅と合わせたパーツを組み合わせてつくったアクセサリーです。

少しずつ花が咲き始める頃の、わくわくした気分を感じられるような
明るいカラーのものを中心に出品します。
tubu2

ネムノキブローチ/素材:ガラス、真鍮、銅、24gf(24ゴールドフィルド)ビーズ

Q
会場では、どのようなところを見て頂きたいですか?

A
一粒一粒のガラスの色や質感は、合わさる金属や加工によって様々な表情になります。
身につけても印象が変わるので、
ぜひいろいろな装いあわせて見ていただけましたらと思います。

tubu1

シロツメクサブローチ(おはなつみ)/素材:ガラス、銅

tubuさんの作品、昨年の「工房からの風」の後、
一層制作に励まれて、作品がますます自在になっています。
私たちも新作拝見するのがとっても楽しみなのです。

Q
tubuさんの好きなお花を4つ教えてくださいますか?

A
好きな花ですが、たくさん浮かんできた中で、悩みながら4つに絞りました。
夏椿(沙羅双樹)、ねむのき、銀木犀、白詰草です。
中でも夏椿が一番好きです。

tubu
絵:大野八生

八生さん、こんなに素敵な装身具!を描いてくださいました。

tubuさんのホームページはこちらになります →