柳弘之さん

柳弘之さん

前期テーマブースに出品くださる柳弘之さんからのメッセージです。


柳さんは、今展にどのような作品を出品くださいますか?

A
今回の展示では、自分の記憶や情景の中にある自然物を想いながら形にしました。
植物や花、石や羽の様であったり、滴や波紋の様であったり。
手に取る方に何に見えてどう使われるのか、
その人の記憶とそのモノが重なって、
暮らしの中の風景に変わっていく事で、
存在が確かなものになるのだと思っています。

美しい木の器を作られる柳さんですが、
今展には抽象的な作品も出品くださるようですね。
どんな展示になるでしょか。楽しみです。


柳さんの今回のテーマカラーについて教えてください。

A
土・炭・雲というキーワードから地上にある自然物、
時間の蓄積ということをイメージしました。

そして白・茶・黒という色は、そのものが持つ色と、光と影によって変化する色と、
移り変わる時間や風景という意味を含ませています。

柳さんの制作は創作、想作、の部分がとても大切で豊かなのだと思います。
庭の要素、その色彩、というテーマにま向かっての作品作り、
是非ご覧ください!

2016年の出展時のご紹介文はこちらから
→ click

ホームページはこちらになります。
→ click