武井春香さん

武井春香さん

後期独立ブースの武井春香さんからのメッセージをご紹介します。

Q
武井春香さんは、今展にどのような作品を出品下さいますか?

A
柿渋染めのバッグです。
麻、綿麻を柿渋で染めています。
プリーツとニッティング(カゴ編み)の作品は昨年から取り組んでいます。

現在、柿渋は自家製のものだけを使用しています。

籠編み!方式の柿渋布のバッグ。
初めての出会いです。
どんな風合いなのでしょう!
   
Q
武井さんの「工房からの風」の思い出をおきかせください。

a
2007年、初めての出展に向けて作品を作りながら、
「工房からの風」のど真ん中でなくてもいいいはず、
と自分を落ち着かせようとしていたことを思い出します。
今思うと、ど真ん中など無いものでしたね。

ものを作るということでつながった大切な人たちに
出会わせてもらった場所です。

出展作家のみなさんには、ご自身のまん中を探っていただいていますが、
「工房からの風」のまん中を探る必要はないですものね。
傾向と対策ではないですもの。
そして、やはり、真剣な人の輪は、皆さんにとって宝物になっているのですね。

武井春香さんは、会期中全日、11時〜18時まで在店くださいます。

桃と干し柿の出荷農家さんでもある武井春香さん、
干し柿の画像もダイナミックなtumblrをなさっています。
こちらもどうぞ。
→ click