長谷川風子作陶展

長谷川風子作陶展

5/13(土)〜21(日)
会期中 木曜休み
最終日16:00まで

:::

土曜日から長谷川風子さんの展覧会が始まります。
益子で作陶されている陶芸家です。

土曜日は長谷川風子さんも在店くださいます。
お皿、花瓶、ふたもの、時計・・・。
どれも風子さんならではの世界が描かれていて、
見ていると時を忘れてしまいそうに。。

:::

ちょっと私的風子さんの器の話を。

長谷川風子さんとの出会いは2010年「工房からの風」。
その年、初日土曜日、遅くに私が母宅に帰ると風子さんのマグカップがありました。
母の「工房からの風」での戦利品!
以来、そのカップは母のお気に入りとなって、今も活躍中です。

仕事柄?我が家には陶器がたくさん。
その中でも母とそのお気に入りのカップとの関係って
なんだかいいなぁと、ずっと思ってきました。

82歳になった母。
お陰様で元気にはしていますが、
一昨年から「工房からの風」には、出向けなくなりました。
足腰がそれなりに弱って、疲れてしまうからと。

私がこのような仕事に就いているのも、
絵が好きで、工芸品が好きな母の影響だなぁと最近よく思うようになりました。
(といっても特別なことではなくて、日々の暮らしの中でのことなのですが)

母の心にずっとあったかなものを灯してくれる風子さんの器。
いつかヒナタノオトでも個展をお願いしたいと思っていて、
ようやく叶いました。
母はこの展覧会も見には来られませんが、
そんな風に思ってくださる方がいらっしゃることを想って、
企画した展覧会です。

2010年10月から6年半が経ってあらためて目の前にずらりと揃った風子さんの陶器。
その世界はますます深くなっていて、線も走り、かたちもうんと洗練されていました。
そういえば、母の日は14日ですね。
日程はまったく意識していなくって、風子さんと当方の予定が偶々合ったのですが、
これも、不思議な巡り合わせでしょうか。

13日土曜日からの展覧会、ご来場をお待ちしています。