岡田晶子 2期

岡田晶子 2期

夏の涼やかないきものと言えば、金魚。
金魚の絵付けで人気の岡田晶子さんからのメッセージをご紹介します。

Q1
岡田さんは、今展にどのような作品を出品くださいますか?)

A1
磁器の針山と、金魚の小鉢を出展いたします。

針山を中心に昨年は出品いただきましたが、今年は小鉢も!
楽しみです!!

Q2
来年の夏休み、岡田さんはどんな風に過ごしたいですか?

A1
作品制作は爽やかな早朝に。
余裕をもって暑くなる前に終わらせて、
日中はゆっくり金魚やメダカの世話を。
水を眺めて、健康な魚たちを愛でて涼しく過ごしたいと思います。

実際には、作業、終わらずに午後までずれ込みそうだし、
魚の世話もいろいろ問題が発生するたびに、
重いバケツ一杯の水を運んで汚れた部分を掃除して汗だくになります。
来年こそ少しでも余裕をもって優雅にやりたいものです。

ご自宅で金魚やメダカを飼育されている岡田さん。
こまやかなお世話の中には、たいへんなことも多いかと思いますが、
その一瞬一瞬にいのちの美しさと出会われていることでしょう。
その先に描かれた絵付けとの出会い、どうぞお楽しみに!