3期 遠藤博子

3期 遠藤博子

Q1
tassの遠藤博子さんは3期に出展くださいます。
博子さん、今展にはどのような作品を出品くださいますか?

A1
今年パン作りを習い始めたらどうしても作ってみたくなって、
パン籠に敷くパン・クロスをメインに制作しました。

手織り・手縫い・紐もカード織りで仕上げたハンドタオル、
色とりどりのコースター、
少しですが木ハンドルの裂織りバッグも出品します。

木工の能範(よしのり)さんとご夫婦で
tassという工房名で制作を続ける博子さん。
木のハンドルはその能範さんの手になるもの。
これが、夏はとくにお薦めなのです!
さらりとした感触が爽やかで。
ちなみにイナガキは昨年来、夏に一番愛用しているのが、
この木ハンドルのバッグ!
(籠を使っているような感じです)

Q2
博子さんは、来年の夏休み、どんな風に過ごしたいですか?

A2
先日兄から20年前の組立式のカヌーを譲り受けました。
以前デンマークでカヤックに乗ったことがあるのですが、
パドルを漕ぐたびに沖へ沖へ進んでしまって、すごく怖かったです。
最後にはインストラクターのカヤックにロープにつないでもらって、
迷子の子犬のように連れて帰ってもらいました。
今年は慣れるだけで精いっぱいだと思いますが、
来年には湖の向う岸まで漕げるようになっているといいな、と思います。

素敵なお話ですねー。
(ちょっとコワイですけれど・・)
湖をさっそうとカヌーを漕ぐ博子さんを想像しています!

遠藤博子さんは8月13日日曜日16時~18時在店予定です。

ホームページはこちらになります。
→ click