4期 aei

4期 aei

オトナのナツヤスミ
なんと、とうとう最後の4期を迎えます。
そういえば残暑は厳しいながらも、
朝晩には確かに秋の気配を感じるようになりましたね。
トンボの姿もずいぶん見かけるようになりました。

トンボと言えば、ゴールドスミス(金細工職人)の
トレードマークだとデンマークで聞いたことがあります。
なんでも虫眼鏡(あるいは遠視用眼鏡)をよく使うからとか。

という流れで、4期はゴールドスミス的なお仕事の方からご紹介いたしましょう。
装身具を制作するaeiさんです。

Q1
aeiさんは、今展には、どのような作品を出品くださいますか?

A1
オトナのナツヤスミに向けて、
夏の暑さを涼しく感じるようなシルバーの白仕上げを施した装身具を揃えました。

「小さな庭」のシリーズは数年前に一度封印した作品。
ずっと新たな姿に生まれ変わらせたいと思っておりました。
姿を一新させて、ヒナタノオトで初お披露目です。

その他にも、普段は違う素材で制作しているものをシルバーに変えて、
この展示用にオトナらしく佇まいを整えております。
是非、お手にとってご覧いただけたら幸いです。

「小さな庭」ですって。
シリーズ名からして心惹かれますね。
ご覧いただくのが楽しみです。

Q2
aeiさんは、来年の夏休みは、どんな風に過ごしたいでしょうか?

A2
この春、ついに長年の夢に向かって動き始めた事があります。
アトリエを違う場所へ移そうと思います。

建設予定地は、今よりもう少し田舎の田園風景の中。
先日、猿が出てびっくりしました。

その場所にあった小屋を移築し
(鉄骨の小屋を自分たちで分解して建て直しました)、
岩をどけて、やっと平らな土地になりましたが、
傾斜な土地なのでこれから土を入れます。

おそらく来年の夏には土地も固まってくるので、
どんな制作場所にするか妄想でいっぱいの頃かと思います。
今のうちにDIYの練習も楽しんでおこうと思います。

それは夢膨らむ日々ですねー。
手元のこまやかな制作と、
全身を使ってのたくましい制作。
しばらくは工房を巡って、さまざまな夢が渦巻きのように巡っていきますね。

aeiさんのHPはこちらです。
→ click