伊勢丹展後期

伊勢丹展後期

「工房からの風から」展。
連日お客様に恵まれ、
作家の方々の充実の表情の中開催させていただいております。
ありがとうございます。
前期は本日火曜日20時まで。
明日、春分の日、祝日水曜日から後期が始まります。
後期も充実の展開となります。
ご来場をお待ち申し上げております。

後期 3/21 (水) - 27 (火)
〈独立ブース〉
装身具▪ LCF | 佐々木ひとみ | väli
硝子▪ 菊田佳代
木工▪ studio fujino
布▪ 武井春香 | 豊田陽子 | 舞良雅子
革▪ 谷田貝陵子
すず竹▪ 橋本晶子

〈セレクションブース〉
陶磁▪ 梅田かん子 | 髙木 剛 | 竹口 要 | 萩原朋子 | 古谷朱里
木工▪ アトリエ倭 | 川端健夫
布▪ 色葉工房 | URIZUN
金属▪ 大桃沙織 | 初雪・ポッケ | 吉田 史
革▪ Ohama

個別ブログ記事紹介のない作家のフレーズもご紹介します。

橋本晶子さん 岩手
すず竹による籠作り。
背丈や節、色などふたつとない素材の姿を
最高の形で届けられるように編み上げる。

在店予定日
21日(水)24日(土)25日(日)
(作品数が少なくなった場合は、在店のない場合もございます)

OLD TO NEW 神奈川
金、銀、白の繊細な色合いの装身具には、
幼き頃から親しんできた物語や詩、
自然の記憶が秘められています。

(21日(水)在店予定ですが、事情によって在店のない場合もあります。
また、他の日で急に在店する場合もあります
作品構成は豊かな種類となっています)

アトリエ倭  埼玉
ものがたりのあるプロダクト。
建具職人の匠の手と、
デザイナーの発想力が響きあった夫婦ユニットの仕事。

(在店の予定はありません。
文房具を中心とした魅力的な!構成です)

Ohama 東京
上質な革を用い、
使い心地にこだわって誠実に作られた革財布。
多く収納しても厚くならない構造も人気です。
(在店の予定はありません。
人気の革財布のみの出品です)

:::

前期から引き続き、
後期もご紹介させていただく作家作品は以下のラインナップです。

津村里佳さん(ガラスのドームのみ)
RIRI TEXTILE
にしむらあきこさん(スカーフ・モビールのみ)
Awabi ware
中本純也さん
津田清和さん
とりもと硝子店
橋村野美知さん
kino workshop
いわもとあきこさん
nomama
宮本佳緒里さん
の作品です。

:::

24日土曜日14時30分からは稲垣のトークイベントをさせていただきます。
二週目の今回は、
15回記念図録冊子「風50+」を巡る「ものづくりの言葉について」
と、新たに始動してる「『工房からの風』のこれから」
についてをお話しいたします。

作家が心と手を介して綴った言葉について
工房からの風自体に関心をお寄せくださっている方、
ものづくりに心を寄せてくださる方々に有意義な時間にしたいと思います。
土曜日の14時半、伊勢丹新宿店5階、「工房からの風から」展
大野八生さんの絵の前でお待ちしています。