古谷朱里さん:後期セレクション

古谷朱里さん:後期セレクション

印象的なピッチャーとカップは、
アメリカで学んだ、
持ちやすく一体感のあるプーリングハンドル仕立てです。

Q1
滋賀県信楽で作陶する古谷朱里さん。
今展にはどのような作品を出品くださいますか?

A1
赤、青、緑、3色で ピッチャー、小さめのピチャー、マグカップを出品します。

シンプルなストレート形、丸い形、面白い形までイロイロあります。
形の違いを楽しんでもらえたら嬉しいです。

プーリングハンドル仕立て、とはハンドル部分を後付けするのではなく、
本体から一体で作り上げたハンドル。
丈夫でもちやすい造りです。

毎日、ほうじ茶を飲むのに青いピチャーを使っています。
ピッチャーに直接茶葉を入れて、お湯を注ぎ茶こしでこしながらサーブしています。
今回は特に楽しんで、一個一個、違うかたちを作ったので焼き上がりがたのしみです。

3色展開のカップとピッチャー。
使い心地よく、風景を生み出すような姿。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。