大桃沙織さん:後期セレクション

大桃沙織さん:後期セレクション

鍛金を中心とした金属加工による制作。
装身具、針差し、火にかける道具など、
暮らしを彩る金属作品。

Q1
新潟で鍛金でのものづくりを続ける大桃沙織さん。
今展には、どのような作品を出品くださいますか?

A1
数年前、大学の同級生の実家の取り壊しに伴い、
お祖父さんが使っていた道具を譲ってもらう機会がありました。

ずっと器物のお仕事をされていましたが、
高齢で今はお仕事から離れてしまったとのこと。
長年使われてきた様々な形に加工された当て金(道具達)を引き継がせていただき、
私の仕事もグンと広がりました。

今回は、それらを使用して制作した小さな湯沸かしを制作しました。

素敵なお話しですね。
誰かが愛用した道具によって、誰かの愛用品をつくっていく。
そのまんなかに沙織さんがいるのですね。
湯沸し、会場でぜひご覧ください。

大桃沙織さんのインスタグラムはこちらになります。
→ click