菊田佳代さん:後期独立ブース

菊田佳代さん:後期独立ブース

絵皿に込めた詩的な世界。
光を通すことで描かれるガラスならではの表現。

QI
宮城県でフュージング・スランピングの技法による
ガラス作品を制作する菊田佳代さん。
伊勢丹での展示にはどのような作品を出品くださいますか?

A1
絵皿を出品いたします。
昨年秋に「工房からの風」に出品をした青系の絵付けの他に、
今回は白い絵付けのものも出品いたします。

特にご覧頂きたいのは、ご案内にも載せて頂いた鳥の絵皿です。
3月の開催ということで、鳥が春を呼び歌い、
春が始まるというイメージで制作しました。
私も、作品を通して春を呼べたらという気持ちを込めました。

画像では「かわいい」印象が強くなってしまいますが、
実際の作品はガラスの素材感と相まって、
「かわいい」だけではない表情の作品群、
ぜひお手に取ってご覧いただきたいと思います。

Q2
菊田さんの在店予定をお教えください。

A2
3/21(水)10:30-19:00
23 (金)10:30-20:00
24 (土)10:30-20:00
25 (日)10:30-19:00
27 (火)10:30-20:00

遠くから、ありがとうございます。
偶然なのですが、後期は岩手、宮城、長野、山梨・・・
と遠方から在店くださる方が多いですね。
お客様も交えて、豊かな交流の時となりますように~!

昨年初めて「工房からの風」に出展くださった菊田さん。
まだ今出展作家の方の作品で愛用しているものはないそうですが、
それゆえ、一層今回の在店が楽しみとのこと。
菊田さんがどのような作品に惹かれるのかも、伺ってみたいですね。

菊田佳代さんのHPはこちらになります。
→ click