萩原朋子さん:後期セレクションブース

萩原朋子さん:後期セレクションブース

物語を思わせる花の陶器やオブジェには、
おもいでの余白、動物の佇む風景が静かに広がっています。

Q1
千葉県野田市で制作をする萩原朋子さん。
今展にはどのような作品を出品くださいますか?

A1
出展内容は、動物の佇む花器、蓋物、ペーパウェイトなどです。

Q2
萩原朋子さんの在店日を教えてくださいますか。

A2
27日の最終日終日在店予定しています。

Q3
朋子さんが今展の他の出展作家の方の作品で
愛用しているものがありましたら教えてくださいますか。

A3
愛用品は大野七実さんのお皿と、川端健夫さんのバターナイフです。

川端さんのバターナイフは今回は出品がありませんが、
大野七実さんのちょうどこの形の器、現在3点のみ!あります。
この器、稲垣も愛用していて、久しぶりに復刻!していただいたのです。
萩原家でもご愛用とは!

萩原朋子さんのHPはこちらになります。
→ click