高見由香さん:前期独立

高見由香さん:前期独立

素材の「素」の力強さをまっすぐに。
竹糸やパイナップル糸と新たに取り組み、
その魅力を生かした布づくりを。

Q1
高見由香さん、今展には、どのような作品を出品くださいますか?

A1
竹、パイナップル、麻、カシミヤ、絹等、異素材を組み合わせ織ったものや
藍や墨で染め織ったものを出品します。

今回はそれぞれ個性ある素材が放つ力強さを壊さずカタチにする事に苦心しました。
特に竹糸を用いた作品は苦心の末辿り着いたカタチなので是非見て頂ければと思います。

驚きました!
チャレンジャー、ですねー高見さん。
冬に向かっては、カシミヤを中心にあたたかで美しい布づくりに夢中だったと思っていましたら、
新たな素材との出会いから、新たな布づくりへ。
『素材が放つ力強さを壊さずカタチにする』
って、究極に難しいように思うのですが、さあ、どんな布を見せてくださるのでしょう。

Q2
高見由香さんの在店予定を教えてください。

A2
3/14,15日 10:30~16:00
17,18日 10:30~18:00
です。

Q3
高見さんが、今展出展作家の作品で愛用されているものがありましたら
教えてください。

A3
菅原博之さんの白漆の椀は毎日のように食卓へ並びます。
愛用しています。

菅原さんの器は、作家の方々にもとっても人気ですね。
今度画像もお見せくださいね。

高見由香さんのHPはこちらになります。
→ click