RIRI TEXTILEさん

RIRI TEXTILEさん

RIRI TEXTILE
埼玉県
草木の色、綾なす布。染めあげ、繊細な模様を織りこんだ布

在店日:7/25(水)、7/27(金)、7/28(土)、7/29(日)、7/31(火)
(不在の時間もございます)

:::

Q1
染めや織りを通して、使う人、作る人と交流を重ねながら、
こつこつと自らの布づくりを展開してきた和泉綾子さん。
RIRI TEXTILEという工房名で活動をしています。
今展にはどのような作品を出品くださるのでしょうか?

A1
手染めの作品は、真夏にも涼しげなリネンガーゼのストールを
2種類のサイズ展開でお持ちします。

手織りの作品は、定番の模様を織り込んだネックウエアをはじめ、
糸の番手と密度にこだわり、
軽く織り上げたストールなどをご用意させていただきます。

ほかにも、異素材を合わせて織ったものなどにもチャレンジしたいと思っています。

Q2
和泉さんは、来年の夏休みはどのように過ごしたいでしょうか?

A2
あたらしい拠点を構えて制作に取り組む夏にしたいです。

現在の制作環境がかなり手狭になってきているので、
来年のいまごろは、あたらしい場所で制作できていたらいいなと。
できれば小さい庭がある、小屋みたいなところが理想です。

でもそれでは夏休みじゃないですね。
しいて言うならば、
風通しのよいその場所で、セミの鳴き声聴きながらごろごろしたり、
小さな庭で染料用の植物を育てたり、
夕方は早めの時間にビール飲んじゃったりしたいです。

galleryらふと、なんてどうですか?
小屋みたいで、ちょっと大きすぎる庭がありますけれど(笑

和泉さんは、埼玉の工房からニッケのお庭にもよく来てくださるのです。
お庭の手入れをお手伝いくださって、刈り取った草木を染料に活用してくださったりと。
和泉さんにぴったりな新天地、見つかるといいですね。

RIRI TEXTILE 和泉綾子さんのHPはこちらになります。
→ click